女性性の否定は乳がんを招く

最近、なにかと話題の乳がん。

がんは日本人の死因のトップとなって久しいですが、がんを含めて皆さんは「病気」がどのような役割を持っているか考えたことはありますか?

私は過去に全身の関節が固まってしまい、歩けなくなると言う難病にかかりました。不思議なことに午前中は動けないのですが、気温が上がってくると徐々に関節が動くようになり、夕方くらいまでは家事できたりしていました。とても不思議な病気でしたから、医者はとりあえず関節炎の痛み止めを出すだけで特に治療法もなく、私は毎日「このまま歩けなくなるのではないだろうか」と思い、家族も車椅子の生活を考え始めていたのでした。

西洋医学で治らないので、私は代替医療で治療することにしました。もう藁をもすがる思いです。最終的にたどり着いたのがホメオパシー。日本ではプラセボだとかエセ医学と呼ばれていますが、ヨーロッパでは誰もそのようなことは言いませんので、私も抵抗なくホメオパシーで治療を受けることができました。

そのときに私は自分が働きすぎであるということに気がついたのです。

私は自分のことはなにひとつせず、人のために常に体を動かしていました。家族のため、友人知人が頼ってくれば身を粉にしてまで助けていました。

要するに「いい人」だったのですが、自分の人生なのに自分のために生きていなかったのです。

まずそこに気がついたときには、私はもうほぼ一日中ベッドに横たわっていなければならないほど、体が固まってしまいました。そして、この体が固まってしまったのは、自分の体が「休みなさい」と言っているのではないか?と考えるようになりました。

ホメオパシーではレメディと呼ばれる砂糖玉を摂取します。私はレメディをとりはじめ、3日目の朝、なんとなく体が軽い気がしてベッドを降りてみようと言う気になったのです。私の体は完璧でした。元のとおりに階段も下りて、リビングへ。痛みももうありませんでした。家族はいまでもあのレメディは何かおかしなものが入っているのでは?と不思議がりましたが、ホメオパシーでの治療のおかげで私は「病気は体からのメッセージ」だと言うことに気がつくことができました。

冒頭に書いたように、今大きく取り上げられている乳がん。

女性に関連する器官が病気になると言うことは、女性性の否定や、あるいは女性であることを否定された時に発祥しやすくなる傾向があります。

たとえば、夫に浮気されたり、幼いころに父親が亡くなってしまい、一家の大黒柱(男)として生きなければいけなかったなどと言ったことがトラウマになっていると、女性に関連した器官が症状を出してきます。

また、子宮筋腫などは「あの人の子供を生みたかった」のに叶えられなかった、大きなトラウマとなる失恋や離婚、別離などに関連します。

他にも左側は母親との関係、右側に症状が出るのは父親との関係、ともいわれていますし、目に症状が出る人は「見てはいけないものを見てしまった」とか、のどに症状が出る人は「自分の意見をいわせてもらえなかった」、足に症状が出る人は進むべき人生の方向が違っているよ、と体が言っているのかもしれません。

いずれにしても、病気の症状が出てきたら、自分の体の言いたいことを聞いてあげて欲しいと思います。

私は自分が身を粉にして働きすぎたので強制的に体がこわばり、四六時中ベッドに横たわっていなければならなくなりました。無理やり「休息」をとらされたというわけです。

病気を悪いものとするのではなく、自分の人生の方向修正のチャンスであり、出てくる症状についても感謝を持ってあげてください。余命宣告を受けるような病気の場合、これは非常に難しいことです。でも心臓発作で倒れて命が危ないとまでいわれていた女性が、心臓に「病気になって知らせてくれてありがとう」と感謝の気持ちを持ちつづけたところ、以降、心臓発作を起こすこともなく、十数年たったいまでも元気に老後の生活を楽しんでいます。

「病は気から」と言いますが、あながち嘘ではないのです。もし失恋しても「早く次を探そう!」とか恋人や配偶者に浮気されても一発気の済むようにキックでもしてスッキリしてしまったり、こういう人は病気にならないのです。(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中