人はなぜ恋に落ちるのか

私たちはなぜ人を好きになるのでしょうか。そんなことを考えたことがありますか?

相手が好みだったからでしょうか。

それとも、なんとなく?

その感情はどこから来ているか、考えたことはありますか?答えはズバリ「神様」からです。

まず「頭」のてっぺんに神様からの指令がきて、その人のことが気になりだします。

そのうちに「胸」がどきどきして、この人が好きだと自覚するようになります。

そうしているうちに相手と「性」的に結ばれたいと考えるようになります。

頭→胸→性器

どんどん体の部位の下に落ちていっていますね。これを「恋に落ちる」というのです。

さてここからが本題。

「恋に落ちた」相手がやってきたときに、うまくその相手と結婚できたとしたら、それはとても幸せな結婚生活となることでしょう。でも普通はそのようにはいきません。なぜかといえば、結婚適齢期くらいの年齢では、人間はまだまだ未熟だから、神様が送ってくれた「恋に落ちる」相手ではない人とほとんどの人が結婚してしまうのです。

そのときたまたま交際していた相手だったかもしれませんし、ただ単にセックスがしたかっただけかもしれませんし、できちゃったので結婚したのかもしれません。

いずれにしても、ほとんどの人は正しい相手と結婚していませんし、ましてや若いうちに神様からの指示をうまく受け取れるような方は残念ながら少ないと言えましょう。

私も離婚経験者ですが、神様が送ってくれた「恋に落ちる」相手でない人と結婚していたということになります。

神様があなたに送ってくれた「恋に落ちる」相手のことを、現代では「ソウルメイト」とか「ツインソウル」などと呼んでいるようですが、このような相手にであって結婚することはまれのように思います。

神様が送ってくれた「恋に落ちる」相手は、生まれるよりもはるか前に、ひとつの魂を二つに分けられて地上に送られたため、この相手に出会うと、初対面でも懐かしく感じたり、他人とは思えなかったり、自分の弱い部分をさらけ出せてしまったり、とにかく「一緒にいる」ことが心地よいので離れようとは思わないのです。

これは、なぜ結婚をしたのに人々はいつまでも配偶者でない異性を追い求めるのか?という答えでもあります。

太古の昔から「浮気」や「不倫」と呼ばれる恋はあり、現代においてもこれは続けられています。その理由は、あなたが神様から送られた「恋に落ちる」相手でない人と結婚しているということもありますが、最大の理由は、生まれる前に再会を誓ってふたつに分けられた、もう片方の自分を地上で探しているからにすぎません。

この人こそ!と思って結婚した相手でも、人間として成長していくにつれて「あれ?!違う」と気づいてしまうものなのです。

最近話題になった映画「君の名は。」はまさにこのふたつに分けられた自分同士の融合を描いたもので、言うなれば、二つの魂(ソウル)は男性性と女性性なのです。

恋に落ちる。

これがどれほど神聖なものか、これだけでは説明できません。でも断片的に恋する気持ちが素晴らしいことであることはわかっていただけたかと思います。

恋する気持ちに蓋をしたり、罪悪感を持ってしまっては、せっかくの神様からの贈り物が台無しです。どのような状況であっても、恋をしてドキドキしたり、相手をいとおしく思う気持ちを決して否定しないでください。

あなたが恋をした相手は、もしかしたらふたつに分けられた「じぶん」なのかもしれないのですから。

広告

2件のコメント 追加

  1. yuk@p より:

    いつも楽しく拝読させていただいております。
    今回の記事、まさにタイムリーでしたのでコメントさせていただきました。
    最近、記事の様な衝撃的な出会いがあり、それはまさに電撃的な瞬間でした。
    何故か相手がキラキラしてみえ、ドキドキが止まらない。
    今まではあり得ないくらい歳も離れているし、全く違う境遇だけど、何故か凄く心地よくて。
    一緒にいると幸せな気持ちになれる。不思議な相手です。
    今はまだ先の事は分かりませんが、今までに沢山あった出会いには無い経験をしているので、この気持ちを大切にして素直になっていけたらと思います。
    どなたが書かれたものか分かりませんが、記事のおかげで ごちゃごちゃ考えるより、自分の気持ちに素直になれたので感謝しています。
    ありがとうございます。

    いいね

    1. nagomiorganic より:

      素敵な出会いがあり、すばらしい経験をされているのですね。
      恋する気持ちに戸惑わずに、自分に素直なのが一番です。
      人生のうちで何回恋をするでしょう?そんなチャンスは何百回とはないはずです。
      この世界には約70億人が暮らしています。その半分が男性だとしても、たった一人を好きになったのは偶然ではないとおもいませんか?
      神様の粋な計らいのおかげですよ!
      ドキドキする気持ちを大事にしてくださいね!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中